MENU

秋田ノーザンハピネッツ

AKITA NORTHERN HAPPINETS

MENU

NEWS

HOME>ニュース>【試合結果】5/14(日)B1残留プレーオフ2016-17 1回戦 vs横浜ビー・コルセアーズ@CNAアリーナ☆あきた(秋田市立体育館)

【試合結果】5/14(日)B1残留プレーオフ2016-17 1回戦 vs横浜ビー・コルセアーズ@CNAアリーナ☆あきた(秋田市立体育館)

本日も熱い熱いご声援をありがとうございました。

B1残留プレーオフ2016-17 1回戦 vs横浜ビー・コルセアーズ第2戦は3,700人以上の大声援を力に、チーム一丸となり勝利を収め、第3戦に挑みました。
第3戦もチーム・ブースター全員で最後まであきらめずに戦いましたが、横浜にブザービーターを決められ、1点差で敗れました。

これにより秋田ノーザンハピネッツは来季B2(2部)のステージで戦うことになりましたが、
まずはBリーグ開幕となった今シーズン、ここまで日本一の熱い応援を続けてくださったみなさま、そしてさまざまな形で携わっていただいたみなさまに心から感謝申し上げます。

みなさまには改めてごあいさつをさせていただきますが、この先も、秋田ノーザンハピネッツを支えていっていただければ幸いです。
今後とも秋田ノーザンハピネッツをよろしくお願いいたします。

 

【試合結果】5/14(日)B1残留プレーオフ2016-17 1回戦 14:00試合開始 vs横浜ビー・コルセアーズ@CNAアリーナ☆あきた(秋田市立体育館)


B1残留プレーオフ2016-17 1回戦【第2戦】

 

    秋田    

    横浜    

 1Q 

18

15

 2Q 

18

19

 3Q 

6

12

 4Q 

23

18

最終

65

64

 


B1残留プレーオフ2016-17 1回戦【第3戦】

 

    秋田    

    横浜    

 前半 

12

5

 後半 

4

12

最終

16

17



 


【長谷川ヘッドコーチ試合後コメント】
非常に残念な結果で正直今の状況では言葉が出ない。選手はよくやってくれた。最後までみんなあきらめなかった。全て自分の責任だと感じている。
秋田のブースターについて、日本のバスケット界でこんなふうに応援してもらえるクラブは他にないと思う。感謝している。
 


【戦評:第2戦】

■第1Q 18-15
秋田が中盤の4連続ポイントで逆転し3点を先行
秋田ノーザンハピネッツは、前日の第1戦、前半を41-40と1点リードで折り返したものの、3クォーターに横浜ビー・コルセアーズの日本人エース#1川村卓也や帰化選手の#10ファイパプ月瑠などの高さを生かした攻撃で51-60と9点のリードを奪われ、4クォーターに#3安藤誓哉や#22レオ・ライオンズの得点で1点差まで追い上げたものの75-78で敗戦。2戦先勝方式で争われる残留プレーオフ1回戦を突破するためには、この日の第2戦で勝利し、かつ、第2戦終了後に行われる5分前後半の3試合目でも勝利するしか、B1に残留する道は無くなった。第1戦で秋田は、#3安藤が両チーム最多の24得点。インサイドの#13スコット・モリソンが15得点、#30イバン・ラベネルも11得点を挙げるなど、試合の中で機能した時間もあったが、優位な状況を押し通すことができなかった。逆に、横浜は日本人エースの#1川村がチーム最多の22得点、外国人エースの#4ジェフリー・パーマーが21得点を挙げるなど、試合を通して、#1川村を軸にした攻撃を貫いて接戦をものにした。秋田は、外国人エースの#22レオ・ライオンズが9得点に止まったほか、日本人エースの#5田口成浩も8得点とスコアが伸びなかったように、横浜に対して、自分たちのどの強みを当てていくのかが、やや、あいまいになった。横浜は、第1戦同様に#1川村を中心に、高さでの優位を押しつつ、インサイドを積極的に突きながら、秋田のインサイド陣をファウルトラブルに誘い込みたい。秋田は、集中したディフェンスは、もちろんだが、無駄なファウルを避けながら、攻撃では#13モリソンを起点にした形を作りながら、速い攻守の切り替えで、横浜を揺さぶり続け、突き崩したい。オンザコートは、両チームともに「1、2、1、2」とし、秋田が第1戦の「2、1、1、2」から変更した。

秋田は#13スコット・モリソンと#55谷口大智のインサイドに、#3安藤誓哉、#5田口成浩と、#18藤江建典を先発で起用した。横浜は第1戦と同じ、#42ウォッシュバーンと#10ファイ、#0細谷将司、#1川村、#25竹田謙でスタートした。1分6秒に横浜が#1川村の3Pシュートで先制。さらに、#42ウォッシュバーンがドライブから得点し0-5とした。秋田は1分31秒に#13モリソンがダンクシュートを決め、#5田口もジャンプシュートで続いて4-5とした。ここから、横浜が#0細谷の3Pシュートを決めたのに対し、秋田も#5田口がミドルシュートで入れ返すなど、両チームともに集中したディフェンスを見せ、譲らない展開となった。横浜がフリースローと、#42ウォッシュバーンの連続得点で6-12とした後、秋田は#5田口が3ショットのフリースローをすべて決めて9-12とし、さらに、#17中山のスティールからの速攻、#13モリソンのピックアンドロールからのダンクシュート、#55谷口の3Pシュートと4連続ポイントを挙げて16-12と逆転。9分22秒には#3安藤がジャンプシュートを決めて18-15とし、3点を先行した。


■第2Q 18-19(36-34)
秋田が#17中山の連続得点などで粘りながら2点リードで前半を終える
秋田は#30ラベネルと#22ライオンズに、#17中山をポイントガードで起用して、#5田口、#16高橋でスタート。横浜は#42ウォッシュバーンと#4ジェフリー・パーマーに、#13山田謙治、#3蒲谷正之、#5湊谷安玲久司朱が先発した。56秒に横浜が#3蒲谷のミドルシュートで先制。さらに、横浜は#13山田のフリースローで1点を加えた。秋田は2分6秒に#30ラベネルのミドルシュートで、このクォーターの初得点を挙げた。横浜が#1川村のフリースローで2点を加え20-20となったところから、秋田は#5田口がオフェンスリバウンドから得点を挙げ、さらに、#13モリソンのパスカットから#22ライオンズが3Pシュートを決めて25-20とし、横浜がタイムアウトを取った。タイムアウト後、それぞれ、フリースローで得点を加えた後、横浜の#13山田が3Pシュートを決めて26-25でオフィシャルタイムアウトに入った。秋田は#13モリソンがゴール下から得点を決めて28-25としたが、横浜の#3蒲谷が連続でミドルシュートを決めて28-29とし、秋田がタイムアウトを取った。タイムアウト後、秋田は#22ライオンズがミドルシュートを決めたに続き、#17中山がスティールからそのまま持ち込んでの得点と、フリースローで連続得点を挙げて34-29と逆転した。しかし、横浜も#1川村のフリースローと#42ウォッシュバーンの速攻で連続得点を挙げて34-32とした。その後、秋田と横浜がそれぞれ得点を入れ合い36-34と、秋田の2点リードで前半を終えた。

■第3Q 6 -12(42-46)
秋田の外角からのシュートが決まらず横浜が逆転。4点差を追って最終クォーターへ
秋田は#13モリソンと#55谷口に、#3安藤、#5田口、#11菅澤紀行でスタート。横浜は#42ウォッシュバーンと#10ファイに、#0細谷、#1川村、#25竹田でスタートした。秋田が37秒に#13モリソンのオフェンスリバウンドからの得点で先制。横浜は54秒に#1川村がジャンプシュートを決め返した。秋田は2分12秒に#3安藤が3Pシュートを決めて41-36とした。横浜は、ここからペイントエリアでの攻撃を厚くして、#42ウォッシュバーンの連続得点と、#10ファイの得点で3連続ポイントを挙げて41-42と逆転した。秋田は#55谷口や#5田口が外角からシュートを放ったものの決まらずにスコアが止まった。それでも、秋田はディフェンスで耐えていたが、9分33秒に横浜の#3蒲谷にドライブから得点を許して42-46と4点差を追う形で最終クォーターへ進んだ。

■第4Q 23-18(75-78)
秋田が#22ライオンズのフリースローで逆転。1点差で振り切って第3戦へ
秋田は#30ラベネルと#22ライオンズのインサイドに、#17中山をポイントガードに置き、#5田口、#16高橋でスタート。横浜は#4パーマーと#10ファイのインサイドに、#0細谷、#3蒲谷、#5湊谷が先発した。16秒に秋田が#30ラベネルのフリースローで1点を先制。さらに、秋田は#30ラベネルがポストプレーから得点を挙げて45-46とした。横浜がフリースローで1点を加えた後、秋田は1分46秒に#22ライオンズが3Pシュートを決めて逆転。さらに、2分14秒に#5田口が3Pシュートを決めて51-47とし、横浜がタイムアウトを取った。タイムアウト後に横浜の#42ウォッシュバーンが得点を決めたものの、秋田は#11菅澤の速攻に続き、#3安藤がパスカットからそのまま持ち込んでの得点と、バスケットカウントによるフリースローも決めて56-49と引き離した。その後も秋田は、#17中山が3Pシュートを決めたほか、#3安藤もフリースローで2点を加え61-51と、リードを10点に広げた。しかし、横浜は、#42ウォッシュバーンと#4パーマーの連続得点で61-55とし、秋田が8分33秒に#17中山のゴール下から得点を加えた後に、#1川村が3Pシュートとバスケットカウントの4点プレーを成功させ、さらに、#1川村は3Pシュートとパスカットからの速攻を立て続けに決めて、63-64と逆転に成功した。秋田は残り16秒で#22ライオンズがフリースローで2点を決めて65-64と逆転。横浜は最後の攻撃で#1川村がシュートを狙ったが決まらず、秋田が1点差で勝利をつかみエキストラゲームの第3戦に進んだ。

【戦評:第3戦】

■第1Q 12-5
秋田が#3安藤の10得点の活躍で7点を先行
第3戦は特別ルールが適用され、前後半5分ずつ、1、2クォーターともにオンザコート2で行われた。秋田は#13モリソンと#22ライオンズに、#3安藤、#5田口、#17中山でスタート。横浜は#42ウォッシュバーンと#4パーマーに、#0細谷、#1川村、#25竹田が先発した。秋田が49秒に#3安藤のドライブから先制。横浜は1分11秒に#42ウォッシュバーンのピックアンドロールから得点を挙げた。秋田は1分35秒に#17中山のオフェンスリバウンドから#13モリソンがダンクシュートを決めたのに続き、2分22秒に#3安藤が3Pシュートを決めて7-2とし、横浜がタイムアウトを取った。タイムアウト後、横浜が#1川村のフリースローで2点を加えたが、秋田は#3安藤が3Pシュートを決め、さらに、速攻から連続得点を決めて12-4とリードを広げた。その後、横浜が#1川村のフリースローで1点を返したが、秋田が12-5と7点を先行して前半を終えた。


■第2Q 4-12(16-17)
横浜が#1川村のブザービートで劇的な逆転勝ち。秋田のB2降格が決まる
秋田は#30ラベネルと#22ライオンズに、#3安藤、#16高橋、#17中山でスタート。横浜は#42ウォッシュバーンと#4パーマーに、#0細谷、#1川村、#25竹田でスタートした。14秒に横浜の#4パーマーが3ショットのフリースローをすべて決めて先制。秋田は1分57秒に#3安藤がドライブから得点を決めて14-8とした。しかし、横浜は#4パーマーがフリースローを2本決めたに続き、#1川村のドライブからのジャンプシュートで14-12とし、3分56秒に#42ウォッシュバーンがフリースローで2点を決めて14-14の同点とした。秋田は残り47秒で#11菅澤が右サイドからミドルシュートを決めて16-14と勝ち越しに成功した。しかし、秋田は横浜の攻撃を一度しのいだ後の攻撃で、#3安藤のシュートが外れ、ディフェンスリバウンドを確保した横浜が残り約7から攻撃を展開。バックコートでボールを受けた横浜の#1川村がそこから左サイドに進み、そのまま3Pシュートを放ってブザービーターで決めるビッグショットを沈め、秋田が16-17で敗戦。横浜の劇的な逆転勝利で、秋田のB2降格が決まった。

■全体
懸命な戦いを見せた秋田。チームの未来が試される来季以降の戦い
第2戦で4点のビハインドを4クォーターで跳ね返して第3戦に持ち込み、第3戦でも1クォーターだけで10得点を挙げた#3安藤の活躍で12-5と7点のリードを奪って、1回戦突破を、ほぼ手中に収めかけたに見えた秋田だったが、横浜の#1川村に劇的なブザービートを決められて、B2降格が決まった。第2戦では、なかなか、横浜を突き放せない中、必死に耐えて4クォーターの反撃につなげ、第3戦でも、#3安藤が勝利を手繰る寄せる強気なプレーでチームをけん引。2クォーターの同点とされた場面からは、ベンチプレーヤーの#11菅澤がミドルシュートを沈めて勝ち越すなど、秋田は選手全員が一丸となって戦ったが、第3戦の劣勢を跳ね返した横浜、最後のブザービートを沈めた#1川村を称えるしかない結末となった。今季のシーズンを振り返ってみると、秋田は栃木ブレックスや、アルバルク東京、千葉ジェッツといった上位チームからも勝利を挙げられた半面、中位以下のチームと戦った際の接戦を勝利につなげられなかったことが、残留プレーオフへと回ることにつながった。厚い選手層を誇る旧NBLのチームに対し、ディフェンスで対応することはできたものの、最後まで、自分たちのスタイルを固められなかったことが、B2降格という現実を突きつけられることとなった。来季は仙台89ERSとともに、Bリーグ初の降格チームとして、B2を戦うこととなるが、B1復帰を目指すだけでなく、B1で優勝争いができるチーム作りを意識していかなければ、B1とB2を行き来するだけのチームとなってしまうだろう。このB2降格を財産とできるように、B2で戦うこととなる来季こそ、未来を見据えた戦いをしてもらいたい。

■観客数:3,729人

■戦評協力:Works Link
 


1494761386471-ebaaf4277be17dd5bfebb0ae-263826-original.jpg

__1494761386964-8ebba07c421860169c6d9375-263833-original.jpg

1494761381181-ffba2b9e2d658e645cb5f554-263762-original.jpg

1494741623454-1654ec74afa133329cdfe315-262208-original.jpg