MENU

秋田ノーザンハピネッツ

AKITA NORTHERN
HAPPINETS

MENU
NEWS

NEWS

HOME > 【ハッピーとワクワク♪】10/6(土) 秋田ノーザンハピネッツ開幕特別演出のおしらせ
 

【ハッピーとワクワク♪】10/6(土) 秋田ノーザンハピネッツ開幕特別演出のおしらせ

いつも熱いご声援をありがとうございます。

来る10月6日(土)秋田ノーザンハピネッツのホーム開幕戦に於ける開幕特別演出のおしらせです。
今シーズンの開幕しか体験できない、会場に居なくては味わえない瞬間を、ぜひ一緒に楽しみましょう!

今シーズンのスローガン「VAMOS!やってやろう。」
ペップHCの出身地スペインの言葉で「さあ行こう」「やってやろう」といった意味です。

スペインといえば、フラメンコや闘牛などの祭りの他、トマトを投げ合う祭りなどもあり、陽気で明るいラテン気質な国と言われています。

我々秋田県民も「ラテン気質」とよく言われますが、その所以はやはり、お祭りやイベントを全力で楽しむ熱く燃える気質や、
スポーツの大会などでも県民一体となって県の代表を応援することなどに現れる、熱いハートから来ているのではないでしょうか。

アリーナに来場する皆さんが選手のプレーに声援を送り、一体となって全力で楽しむ姿はまさにラテン系。

今シーズン、B1での戦い。対戦相手はどこも強敵ばかり。
しかし簡単に負けるわけにはいきません。
B1でも秋田のラテン気質を存分に発揮し、厳しいシーズンを一丸となって、楽しみながら、ともに戦い抜きましょう!



今シーズンの開幕特別演出は、秋田の伝統的な歌とリズムで、シーズンに懸ける熱い想い、秋田のパッションを、会場の皆さんに体感していただきます!
秋田のチームだからこそ感じていただける、ハートフルな演出をお届けします。
※開幕演出に参加していただくためには、13:00頃のご来場をお勧めいたします。


まずは、秋田県民なら誰もが一度は耳にし、目にしたことがある民謡「秋田音頭」。
今回は、秋田で結成された和楽器バンド「伽羅(キャラ)」&秋田出身のラッパー「羅漢」による開幕特別生演奏。
秋田音頭に続くのは、迫力の「なまはげ太鼓 男鹿っ鼓」の生演奏です。

もちろん、会場を彩る迫力のサウンドや、照明などの演出も見逃せません。

あなたの秋田のソウルに火をつけて、会場一体となって盛り上がりましょう!


<伽羅(きゃら)>
小林義隆(こばやしよしたか):和太鼓・パーカッション →なまはげ郷神楽リーダー
浅野修一郎(あさのしゅういちろう):三味線 →秋田民謡 梅若流梅若会青年部リーダー
本間貴士(ほんまたかし):ギター・ピアノ →作曲、アレンジ&コンポーザー
 「男鹿」や「川反」など秋田の様々な情景をモチーフに、和楽器のリズムと響きを、新しい形で創作し、奏でるスタイルのバンド。

<羅漢(らかん)>
秋田県出身のラッパー。五城目町観光物産PR大使。Jリーグ所属【ブラウブリッツ秋田】公式応援サポーターも務める。

<男鹿っ鼓(おがっこ)>
男鹿市を拠点に活動する「なまはげ太鼓」団体。 2002年に男鹿海洋高校なまはげ太鼓部OB(現在は郷土芸能部)が結成。
2006年には子供太鼓チーム「和(なごみ)」を立ち上げ、なまはげ太鼓を次世代に継承する活動も手掛けるなど、活動は演奏のみならず多岐にわたる。


さあ、あなたも、魂を揺さぶる感動体験を、ぜひ味わいに来てください!

VAMOS!やってやろう。