MENU

秋田ノーザンハピネッツ

AKITA NORTHERN
HAPPINETS

MENU
NEWS

NEWS

HOME > ニュース > 【日本初開催!】「第9回世界ラートチームカップ」秋田開催決定のお知らせ

【日本初開催!】「第9回世界ラートチームカップ」秋田開催決定のお知らせ

この度、「第9回世界ラートチームカップ」が来年2019年4月21日(日)に秋田県立体育館で開催されることとなりましたので、お知らせいたします。

秋田ノーザンハピネッツ所属のラート競技・髙橋靖彦選手は、大会組織委員会の副委員長に任命され、大会の企画・運営にあたると同時に地元出身の現・世界チャンピオンとして本大会出場をめざします。

【大会概要】
■大会名 :第9回世界ラートチームカップ/Team World Cup 2019 in Akita
■開催日 :2019年4月21日(日)
■開催場所:秋田県立体育館大体育場
■出場国 :ドイツ、スイス、日本、オランダ
■主催  :国際ラート連盟


[国際ラート連盟ニュースリリース]:http://www.rhoenrad.com/en/events/twc2019-akita.html

世界ラートチームカップは2年一度開催され、今回で9回目となります。日本初の開催となるラート競技の国際大会です。2018年5月にスイスでおこなわれた「第13回世界ラート競技選手権大会」の上位4カ国に出場権があり、各チーム4名からなる国別対抗の世界一決定戦となります。
当日は集団ラート演技などのデモンストレーションの他、体験企画等も実施予定。

大会の招致にあたり日本ラート協会が「第9回世界ラートチームカップ組織委員会」を設立。委員長、副委員長が任命されており、秋田ノーザンハピネッツ所属の髙橋靖彦は副委員長として計画立案・準備等を進めています。2018年10月をめどに組織委員会のメンバーを増やし、具体的な大会準備を進めていく予定です。

日本代表メンバーは、2018年12月16日(日)に茨城県つくば市で開催される第24回全日本ラート競技選手権の結果により決定し、髙橋靖彦も地元出身の世界チャンピオンとして本大会メンバーに選出されることをめざし、この全日本選手権に出場予定です。


<ラート競技とは>
約2mの2本のリングに入り、回転中の技の難易度や完成度を採点する体操競技。
フィギュアスケートや新体操のように音楽に合わせて演技する直転、片方のリングだけでコインが転がるように回転する斜転、跳び乗ったラートから宙返りなどのアクロバティックな技を行う跳躍の3種目がある。

<参考:ラート演技デモンストレーション>2018年4月20日 髙橋靖彦選手(秋田ノーザンハピネッツ株式会社)