MENU

秋田ノーザンハピネッツ

AKITA NORTHERN
HAPPINETS

MENU
NEWS

NEWS

HOME > ニュース > りそなグループ B.LEAGUE 2024-25シーズン ロスター確定のお知らせ

りそなグループ B.LEAGUE 2024-25シーズン ロスター確定のお知らせ


いつも熱く温かいご声援をありがとうございます。

この度、秋田ノーザンハピネッツでは、りそなグループ B.LEAGUE 2024-25シーズンのロスター12名およびチームスタッフが確定しましたので、お知らせいたします。
下記の通り、プレーヤーは新規加入5名、継続7名の計12名、チームスタッフは計10名となっております。
 

ロスター

#0   ガディアガ・モハマド アル バシール [SG/SF] ☆新加入
#2   栗原 翼 [PG/SG] ☆新加入
#5   田口 成浩 [SG]
#6   赤穂 雷太 [SG/SF] 
#11 熊谷 航 [PG] 
#12 元田 大陽 [SG]
#15 タナー・ライスナー [PF]
#17 中山 拓哉 [PG/SG]
#20 小栗 瑛哉 [PG]
#21 クリスチャン・メコウル [PF] ☆新加入
#24 ヤニス・モラン [PF/C] ☆新加入
#77 土屋 アリスター時生 [PF] ☆新加入

 

チームスタッフ

ヘッドコーチ    前田 顕蔵
アシスタントコーチ ミック・ダウナー
アシスタントコーチ 福田 将吾
アシスタントコーチ 奈良 篤人
統括マネージャー  小高 行雄
マネージャー    緑川 樹
ビデオコーディネーター 守屋 健次郎
ストレングス&コンディショニングコーチ 大塚 健吾 ☆新加入
アスレティックトレーナー 川田 諒 ☆新加入
アスレティックトレーナー 飯田 瑶美 ☆新加入
 


本日のヤニス・モラン選手のリリースをもちまして、2024-25シーズンのロスターが確定となりましたのでご報告いたします。

契約継続の選手が田口選手、中山選手、熊谷選手、赤穂選手、小栗選手、元田選手の日本人選手6名、外国籍選手としてライスナー選手。新規で日本人選手2名、アジア枠選手1名、外国籍選手の2名が加入し、計12名のロスター編成となります。

まずは、継続選手についてですが、田口選手にはシューターとしてのプレー面はもちろん、チーム最年長としてもチーム全体を引っ張っていくことを期待しています。中山選手は多くのチームからオファーがありながら秋田に残ることを決めてくれました。中山選手はクラブの生え抜き選手でありますが、年齢・経験的にも中心選手としてマチュア(成熟的)なプレーとチームでの役割をさらに担っていってもらいたいと思います。熊谷選手、赤穂選手は秋田2年目となりますが、昨シーズンは代表活動があり、シーズン前のチームの練度を高める大事な時期に不在となり、秋田のスタイルに慣れるまで時間を要していたかと思いますが、今シーズンは開幕当初からフィットしてくれるでしょう。熊谷選手には正ポイントガードとして特にオフェンス面ではチームを引っ張っていくことを期待しております。赤穂選手は攻守にわたり今シーズンの秋田のキープレーヤーとなりますので、さらなる成長がチームの躍進には不可欠でしょう。
小栗選手は在籍3シーズン目として今シーズンは出場時間を大きく延ばせるチャンスが来ており、高確率の3Pシュートを武器にポイントガードとして飛躍が期待されます。
昨季特別指定選手として途中加入した元田選手は開幕から通してシーズン経験する初めての年になりますが、持ち味であるアグレッシブなプレーでウイングとしてのプレータイムを勝ち取っていってもらいたいところです。

新規日本人選手としては、土屋選手と栗原選手が加入しますが、2人とも脚力がある選手であり、秋田のプレッシャーディフェンスに非常にフィットする選手たちです。土屋選手にはビッグマンの貴重なバックアップとして体を張った献身的なプレーを、栗原選手には恵まれた体格を活かしたしつこいディフェンスとドライブを武器にB1の舞台でも活躍することを期待しています。

外国籍選手としては、ライスナー選手と契約継続をすることができました。昨シーズンはライスナー選手が途中加入後に勝率を伸ばしていきましたが、今シーズンもハードで献身的なチームプレーとシュート力でさらに活躍してくれることを期待しています。新規外国籍選手としては2人の選手の加入が決まりました。昨シーズンは当初の新規外国籍選手がチームにフィットしなかったという反省を踏まえ、早めにリサーチを重ねてきたことと、外国籍選手の獲得に関するアドバイザー契約を結んでいるニコラ・アルベラニ氏とも協議を重ねて契約にこぎつけました。2人ともBリーグは初めての選手となりますが、前田ヘッドコーチ(HC)の目指す秋田のバスケットスタイルを実現するのに非常に適した選手たちであります。メコウル選手、モラン選手ともに脚力と高さがあり、トランジションの速いバスケットに順応でき、強固なディフェンス力もある選手でもあります。ライスナー選手も含めた外国籍選手3人でのローテーションバランスも良く、とても楽しみなラインナップになりました。

そして、アジア枠として台湾のT1リーグで2年連続MVPを受賞したガディアガ選手の獲得は今シーズン最大の補強となります。チーム編成上では「外国籍選手のアップグレードとアジア枠の最大活用」をテーマに臨んでおりましたが、そこにまさに合致した選手がガディアガ選手になります。オフェンスではハンドラーとしての役割を、ディフェンスでは相手のエースガードへのマッチアップを想定でき、今シーズン攻守に渡って中心選手になっていくことを期待しています。性格もとても良い選手であり、Bリーグのルールと秋田のスタイルに早くフィットしてくれるとチームの大黒柱になり得る選手でしょう。

チームスタッフは小高統括マネージャーと緑川マネージャーとの契約継続とともに、新たに大塚ストレングス&コンディショニングコーチ、川田アスレティックトレーナー、飯田アスレティックトレーナーに加わってもらい、選手のケア・フィジカル強化を行っていきます。

そして、コーチングスタッフは前田HCを筆頭に、福田アシスタントコーチ(AC)、ダウナーAC、奈良AC、守屋ビデオコーディネーターと全員が継続となります。昨シーズンのアシスタントコーチ陣全員と継続できたことで、このオフは前田HCの求めるバスケットへの理解が深まっており、今シーズンは昨シーズン以上に秋田のバスケットスタイルを追求できる状態になっていくでしょう。秋田のハードなバスケットスタイルを実現できる選手たちが集まったこととコーチングスタッフの理解がさらに深まることにより、昨シーズンからさらに進化したチームバスケットをお見せできると思います。

2024-25シーズンは前田HCと作りあげてきた秋田のバスケットをさらに進化させていくチャレンジングなシーズンとなります。タイムシェアをしながら全員で日本一ハードなディフェンスのチームを目指すとともに、オフェンス面も日本人選手と外国籍選手の融合したアップテンポな展開の速いチームバスケットを目指していきます。レギュラーシーズン60試合を戦い抜いた後には、チャンピオンシップ進出を果たせるよう、そして、その先には優勝できるようチーム・フロント一丸となり全力で戦ってまいりますので、10月からの秋田ノーザンハピネッツ15年目シーズンである2024-25シーズンを楽しみにしていてください!

秋田ノーザンハピネッツへのたくさんの応援を引き続きよろしくお願いいたします。